chart business

種類がある

複合機の現状を考える

複合機は名前の通り、複数の機能を持つ機械です。一般的にはプリンター・コピー機・スキャナ・FAX等の機能が一つの機械にまとまっているものになります。複合機には企業向けの大型製品、スモールオフィス(SOHO)向けの比較的小さい製品、家庭向けの小型製品に大きく分けられます。ここでは家庭向けの小型製品について記載をしたいと思います。複合機の前に家庭用のプリンターはどうなっているかも確認をしておきます。プリント単体機能のみの機械は近年とても価格が安くなってきています。インクジェットプリンタのエントリーモデルは、A4用紙サイズになりますが家電量販店では1万円を切る価格の製品も出ています。単純に家庭でプリントアウトするのであれば、本当に手軽に購入できる状況です。

製品ごとの比較とメリットについて

複合機とプリント単体機能の比較ですが、単純に複数の機能が使えるか、使えないかの違いになります。複合機が出回っていなかった頃は、プリンタ・コピー機・スキャナ・FAXをそれぞれ単体で購入していました。家庭ですべての機械を持っていた人も多くはないと思いますが部屋に設置する場所も取り、複数台の機械を購入しましたので費用がかかっていました。現在の複合機にすると、1台で複数の機能がありますので、設置場所にも価格にもやさしいということになります。複合機を購入する際の比較としては、本体の価格もありますが、次のような点を判断することが多いです。対応最大用紙サイズ・印刷スピード・インク代のランニングコストなど。これらを比較して自分に合った機種の選択を行いましょう。