chart business

安く利用できる

一般電話に比べ通話料が安い

IP電話は通話料が安いのが特徴です。一般固定電話の場合、距離によって通話料が変わり、特に遠距離への電話は3分80円にもなってしまいました。一方IP電話はインターネット環境を利用した通話のため、距離による通話料の変化がない一律料金となっており、価格も3分11円前後と格安になっています。さらに同じ提携グループ同士のIP電話への通話の場合は通話料が無料となるため、IP電話の普及が広がっている今は大変お得に利用することができます。携帯電話への電話はどちらも通常通話より割高になるのが一般的ですが、こちらも同じ提携グループの携帯電話宛てなら通話料が安くなるサービスもあるので、どの電話宛てに電話をかけるにもIP電話のほうが安く利用することができます。

固定電話はIP電話が当たり前に

IP電話が広がってきた背景には、ブロードバンド化が進んできたことが上げられます。現在インターネットは常時接続が当たり前になりました。以前は時間によって料金が決まるため、使う時間帯を選んだりしていましたが、現在は時間にとらわれることはなくなりました。IP電話はその環境を利用しているため、一般電話では不可能な全国一律固定料金を実現し、広く普及されるようになったのです。今ではほとんどのプロバイダにおいてIP電話サービスの提供をしており、加入のし易さや価格の手頃さから、固定電話といえばIP電話と考えられるまでになってきました。以前は緊急電話番号にかけられなかったり、フリーダイアルに対応していなかったりと問題点もありましたが、それらも解決されてきており、今後ますますの広がりが予想されます。